オーガニックハウス

「オーガニックハウス」のコンセプト

永い年月を経ても色あせない経年変化の美しさと居心地の良さ

「オーガニックハウス」は、「近代建築の3大巨匠」に数えられる世界で最も著名な建築家、フランク・ロイド・ライトにより数百年前に提唱された、『有機的建築』の理念に基づいています。「有機的建築とは生きている建築で、それは時代に適し、土地に適し、人に適している建築のことです。」
人が住まうという事を真剣に考え、自然の光や風を住まいに取り入れ、流行に左右されない居心地の良さを求めた、世代を超えて住み継がれる住まいです。

  • 有機的建築とは
  • オーガニックハウスの特長
  • デザインギャラリー

自然と溶け合う「有機的建築」

「まさに自然の中に溶け入るように、しっくりと納まるように、
そしてその地の風景、その地の生命のリズムを乱さぬように建物を建てるべきだ」
建築家フランク・ロイド・ライトは、位置・方向・大きさ・高さまで配慮して
設計デザインをすべきだとの言葉を残しています。
自然と溶け合う、ゆたかな住まいのために。

「オーガニックハウス」のコンセプト

なぜ、木はこんな形なんだろう。どうして花はこんな形をしているのだろう。
そんなことを考えてみたことがありますか?

環境にピッタリ適合する形は無駄が無く、何十年、何百年経とうが本当に美しい。
つまり、流行とは関係の無い普遍的な形なのです。
有機的建築とは、『そのような普遍的な形である自然の姿に学び、建物が環境と溶け合いながら、住む人にもフィットするようにデザインすること』の重要性を唱えた、建築家フランク・ロイド・ライトの住まいに対する考え方。
その理念に従ってデザインされた数多くの住宅は、建築後100年の「時」を超えた今も大切に住み継がれています。

自然のなかで、「人が住まう」ということ。

私たちは新しい住まいを考えるとき、
流行にのったものや斬新なデザインを一番に考えればいいのでしょうか?
「オーガニックハウス」では、永い時を経ても決して色褪せることなく、
愛され続けていく住まいづりを目指していきたいと思います。

「オーガニックハウス」の特長と想い

  • 内と外との連続性

    自然を住まいの中に招き入れる。自然を五感で感じながら、自然と共に暮らす。
    風や光、緑、そして景観までもを室内に取り入れ、室内と庭の間につながりを持たせます。日本の四季を感じながら過ごす贅沢をあなたに。

  • 空間の流動性

    空間の流れに沿って広がる自然な動き。
    人の気配を感じ取れるキッチン。
    広がりのある空間を生み出すため、室内をドアや壁で仕切ることなく、天井の高低差などの微妙な設計によって、ゆるやかな壁を作ります。

  • たっぷりの自然の照明

    『昼は自然の太陽の光を、夜は太陽光にもっとも近い、最小限の明かりを』
    昼は床と梁の間の透明な壁、「ガラスウォール」の広い窓からやわらかな自然光をたっぷりと取り入れ、部屋の隅まで明るくします。

  • 凛とした空間、やすらぐ空間

    和室。正座をして礼を正す場所。畳の感触を感じて横になりくつろぐ場所。
    座る・横になることを考え、天井の高さをおさえて、心地よい独立した異空間を形成。
    和の様式美を尊重しつつも、光と影のコントラストで重厚さと落ち着きをかもしだしています。

  • 壁、天井のつながり

    オーガニックハウスは、床の延長が壁であり、壁の延長が天井であると考えます。
    直交する部分の強さを意識的に弱め、天井と壁、壁と壁のやわらかな連続性を表現。
    天井と壁が調和し、ゆるやかな光の変化と心地よさを与えてくれます。

  • 曲面を持つ壁

    曲面を持つ壁は外に開放感をもたらし、内に求心力を持ちます。
    思考と落ち着きの為の最適な場。
    円形の壁が使う人を優しく包み込む。
    外観からは半円の外壁となり住まいをひきたたせます。

永い年月を経ても色あせない経年変化の美しさと居心地の良さ

ハイクオリティなデザインは心を豊かに。
流行に左右されない安らぎや確かな技術は、
家族の絆や暮らし方を、子へ孫へ、時代とともに継承していきます。
皆さまへ、自然の光や風と暮らす心地よさをご提供いたします。

オーガニックハウス公式サイト

オーガニックハウス

詳しくは、オーガニックハウス公式サイトにてご覧ください。
ご質問・お問い合わせ等ございましたら、
ホワイトボックスまでお気軽にご連絡くださいませ。

オーガニックハウス公式サイトへ